2014.3.23 Mシアター

March 28, 2014

暑さ寒さも彼岸まで、の言葉通りにポカポカ陽気の3月例会となりました。

 

上映が始まる前に、これも恒例の松永室長のご挨拶トーク。毎回回収のアンケートについて、上映される作品のセレクトについて等、これまでお尋ねのあったいくつかの点について室長がお答えする形でしたが、マンスリー・シアターの台所事情が少しでも皆さま方に伝わりましたでしょうか。

 

上映作品「拝啓天皇陛下様」1963年松竹 野村芳太郎監督。松竹伝統の人情喜劇路線の異色作。これまた邦画伝統の軍隊モノ・新兵もので始まる導入部から、昭和の市井の人々の泣き笑いを描いて公開当時も大ヒットし、続編も製作。

 

今観ると室長の指摘通り、のちの「寅さん」の原型はもうほとんど出来上がっているのがよく分かります。野村芳太郎から山田洋次へとバトンが移り、渥美清はただの喜劇役者以上の存在になってゆく訳ですが、スターになる直前の初々しい演技も素晴らしいですね。

 

わたし個人的には、高千穂ひづるや西村晃などの扱いにもみられるように、世間の流れや誘惑には逆らえず失敗を繰り返してしまう庶民たちの姿を、愚かではあっても決して悪人には描かない優しい目線が、いかにも松竹、いかにも故・野村芳太郎だなぁと思います。

 

生前の野村監督とはご家族ぐるみの親交がおありだった松永室長に伺ったところ、監督との想い出をまとめて話す機会を考え中だとか。みんなでリクエストよろしく!

 

さて4月のマンスリーは、GWのアニメ上映のためお休み。アニメは1980年・東映の「サイボーグ009超銀河伝説」を豪華35mmフィルム上映!もちろん子供の日企画ですので、お子さん・お孫さん大歓迎ですが、特に去年 RE:CYBORGなんか観ている大きいお友達(笑)なんかもやぶさかではありません。あ、35歳以上で「アニメベストテン」を覚えている人、バラさないように(笑)。

 

未確認ですが、再上映なんかやってないだろうから、プリントきれいだろうし。もう2度と銀幕でフィルム上映なんて贅沢はありませんよぉ、きっと!?

 

 

 

wriiten by おりおなえ

Please reload

Recent Posts
Please reload

Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic