2014.11.18 悲報

しばらく文章書きをサボっていたら、

とんでもない大事件、というか悲報が世界を駆け抜けました。

 当地は高倉氏、いや高倉健さんの地元であり、

遺作となった「あなたへ」も門司港で撮影された縁もあり、

今も回顧の声は高まるばかり、報道も追悼の特集であふれました。

同様の記事を素人の拙いペンで重ねるよりは、

ここでは健さんと松永文庫との縁を中心に書かせてください。

 今年の夏の文庫一周年イベントの記事をご覧いただくと、

故人のこまやかな気遣いが思い出されて胸が一杯になりますが、

そのご縁の抑々は2年前の、

「あなたへ」の撮影中の突然の文庫来訪にさかのぼります。

熱心に資料の数々をご覧になった際の様子に松永室長は、

「お人柄ですね。決して器用な方ではないと思います。

 努力家で勉強家、映画の職人を貫かれた方だと思います」

と仰います。その来訪時に室長が、

「高倉さんに来ていただいて、もう思い残す事ありませんよ」

と云うと、真顔で

「そんな事を仰っちゃあいけません!」

と、年長の健さんの方から返されたそうです。

いかにも、と思われませんか、皆さん?

その後も作品ソフトの寄贈など事ある毎に交流が続いていて、

突然の訃報には皆おどろくばかりで居ます。

「そんな人間・高倉健の人柄がにじみ出るような企画展にしたい」

という訳で、文庫では急遽追悼展示を始めています。

これから膨大な量のポスター類は順次入れ替えながら、

特に当時の広告ポスターや新聞記事は、

松永文庫ならではの質と量で展示して参りますので、

来年2月からの企画展本番にもご期待ください。

11月のマンスリーシネマは、

高倉健さんとも浅からぬ縁のあったビートたけし主演の、

「哀しい気分でジョーク」ですのでよろしく。

wriiten by おりおなえ

Recent Posts
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic