門司港「揺らぎ」の芸術祭 2015

September 11, 2015

門司港「揺らぎ」の芸術祭 2015  第一報です。

 

 

以前から少しずつ前触れしていましたが、
今年2015年・門司港レトロ20th anniversary の年を記念して、いよいよこの秋9/19から12/20までの約3カ月間にわたって、レトロ地区全域を舞台にした一大イベントが開催されます。

その名も“門司港「揺らぎ」の芸術祭”。

映画・演劇・音楽・文学はもとより、写真・美術・工芸・書道・ダンスtc...30を越える、あらゆる場所をつかったアートイベントやワークショップが、門司港レトロ地区のさまざまなロケーションで催されます。

そして松永文庫はこのアート・フェスティバルの映画部門を、「関門シネマフェスタ」として、お手伝いする事になりました。
 

 

 

会場はいつもの旧大連航路上屋2階ホール、10月の土日延べ4日間をつかって、映画上映はもちろん、トークショーや講演、コンサートなど、多彩な内容で皆さんをお迎えいたします。

しかも10月10日土曜日の特別プログラム(入場料¥500)以外は、全てのイベントが入場無料!

 

オトナも子供もタダ! どうだ参ったか⁉︎

……と、興奮してないで内容を伝えないとね。全体のプログラムは下の方を見てい

ただくとして、幕開けの10月10日特別プログラムの詳細からご紹介しましょう。

突然の訃報以来、形を変えながら展示&上映してきました、名優 高倉健追悼企画ですが、なんと今回は特別ゲストとして、日本映画界の重鎮、木村大作監督をお招きする事が出来ました。
その木村さんが撮影監督として存分に腕を振るわれた大ヒット作、「鉄道員(ぽっぽや)」の上映とともに、トークショーとして在りし日の健さんのお話なども伺います。

 
しかも今回の上映は当会場では初めてのDCP(デジタルシネマパッケージ)、

フィルム映画館以上の高画質方式で行われるんです。コレだけ有料なのはそのせいなんですが、なあに絶対損はしませんよ〜。




つづく第2日目は10月18日の日曜日、テーマは、CINEMA&MUSIC。
門司・下関双方のアマチュアバンド共演コンサートに併せて、定年バンドおやじの哀愁を捉えた市川準監督の「会社物語」上映で、会場を盛り上げたいと思います。

 
港にJAZZと映画はよく似合う。今も昔も音楽の流れる街・門司に、ハナ肇の好演で知られる1988年の名作映画と生バンドのカップリング、どうぞお誘い合わせの上、おいでください。

フェスティバル前半戦の様子は一先ずここまで。
次回は残る後半の詳しい情報をお知らせする予定ですが、関門シネマフェスタ以外の情報も、各ホームページや検索サイトで広報中ですので、MOJIKO  YURAGIを調べてみてね。



 

ご案内は、一般発売にも当然の如く惨敗で、もはや情緒不安定なおりおなえでした。

追伸・・・コメント欄がいつの間にか稼働中です。

なにかございましたら、ご遠慮なく。

 

お褒めの言葉は大歓迎、

くれぐれもほめられて伸びるタイプ、おりおなえでした。

Please reload

Recent Posts
Please reload

Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic