3月マンスリーシアター

March 17, 2016

寒暖差の大きい天候の移ろいを重ねながら、それでも確実に春桜の季節は近付いてきているようです。

 

冬の間、日本のどこかで浮き草稼業に身をやつしていた寅次郎も、そろそろ帝釈天の賑わいが懐かしく

なってくる頃合い、という訳で、3月27日のマンスリーシネマは「新・男はつらいよ」、小林俊一監督、

1970年松竹作品をお送りいたします。

 

 

たった1年の間に寅さん5本と代表作の一つである「家族」に

関わり、あまりの忙しさから前作と本作は脚本のみの参加

だった山田洋次。

ここまで山田洋次〜森崎東と松竹の俊英がメガホンを取った

寅さん映画だが、この第4作目で遂にドラマ版プロデューサー

小林俊一まで登場する。

 

フジテレビ史上の名作「白い巨塔」を手掛けた小林俊一が腕

を振るい、ドラマ版寅次郎スタッフでもあった彼が仕上げた

4作目は、今観ると最もドラマ版に近い寅さんだったかも知れ

ない。

 

それでもやはり山田洋次自身が目指すものとは違ったのか、

やっと監督に戻った5作目は、当時シリーズ完結編のつもり

で臨んだそうだが、それはまた別の話。

 

 

人によって好みは分かれるだろうが、いずれも出来が良く各作品の個性も豊かな初期の寅さん。

永く続いてゆくシリーズの基本はここで形作られたのだ。

 

 

本作はほとんど帝釈天界隈だけで展開していて、その分、柴又の人情噺を存分に楽しめる内容だ。

たった40日ちょっとで撮ったとは思えない出来をご覧あれ。

24才の栗原小巻のハツラツとした美しさも素晴らしい!

 

来月4月24日はガラリと趣きを変え、あなたを日活無国籍アクションの世界にご招待いたします。

作品はシリーズ第5作「大草原の渡り鳥」1960年のヒット作、ジャンル表示を見ると『西部劇』だそうで。

一体何処にあるんだ、西部(笑) マイトガイと浅丘ルリ子に、どうぞ乞うご期待‼︎

 

あ~たった、当たった♫ ヒャッホー♫♬

まさかZeppの閉鎖に間に合うとは、すわ凶事の前触れか?

なんだって構うもんかい、既に心はブリテンでい♪のおりおなえでした。

Please reload

Recent Posts
Please reload

Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic