December 31, 2017

この原稿を書いている時点でもう2017年もあと数日。今日は年末年始の松永文庫の予定をお知らせして今年の締めとさせて頂きます。

…とはいえ12月マンスリーシアターも終了して、年明けて来年1月28日の「男はつらいよ 寅次郎忘れな草」が次のイベントとなります。文庫企画展『高倉健映画資料展』は1月17日水曜日まで、大晦日も元日も休まず9:00〜17:00開催中・入場無料ですのでご安心を。

1月18/19日両日は展示替えの為クローズとなりますが、明けて1月20日土曜日から『名作洋画資料展(昭和編)』が始まります。オードリー・ヘップバーン、エリザベ...

December 11, 2017

8月は硬派のドラマが光る名作「地上より永遠に」とチーム一期一会「いのちをみつめて」、ひと月置いてスクリーンミュージックコンサート、そして先月はシリーズ第10作「男はつらいよ 寅次郎夢枕」の出番と相成りました。皆々様ご機嫌は如何でありましょうか、久方ぶりのお目見え、おりおなえで御座います。・・・え、お前は誰だ? うわぁ、つれないお言葉・・・www

 え~、気を取り直して参ります。前作「柴又慕情」の回でも書きましたが、シリーズ最初の絶頂期に向けてこの辺り数本の寅さんの恋模様、初期の頃と比べると大きな曲がり角で、何と寅さん、告られました。そ...

August 5, 2017

いよいよ夏も盛り、学生たちの休みも始まり、文庫の恒例企画の季節になりました。

 これまでも繰り返しお知らせして参りました通り、真夏のこの時期、旧大連航路上屋という場所で、戦争というテーマを取り上げ続けることの意義を是非みなさんと共に考え続けていきたい。松永文庫がこの地にある限り、其れは文庫にとって大事な活動の一つで在り続ける事でしょう。

 今年は同じタイトルながら毎年内容を入れ換えつつ充実を図っている恒例のプログラム「平和を願う 戦争映画資料展」と併せて、関連イベントとしてチーム一期一会による音楽と朗読で綴る 〝いのち〟の物語「いのちを...

June 19, 2017

​​

さてさて回を重ねて「男はつらいよシリーズ制覇への旅」も九回目、え?そんなコーナー名聴いた事ない?・・・まあ、初めて言いますからそうでしょうけど(笑)、とにかく第9作目の「柴又慕情」のご紹介から6月のサポーターくらぶ始めたいと思います。

 日本映画でも人気の作品は次々続編が作られてシリーズ化されるのは常でありますが、早ければ2週間足らずのサイクルで作品が入れ替わるあの頃のプログラムピクチャー体制の中、短命な2~3本のシリーズというのも多かったのです。そんな中、9本、10本目ともなれば、これはもう映画会社側も気合の入り方が違う看板興業...

Please reload

Recent Posts
Please reload

Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic